enひかり

enひかりの『v6プラス』と『transix』って何が違う?

enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。

この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。

今回は『v6プラス』と『transix』を比較して違いを調べてみたいと思います。

 

【結論】『v6プラス』にすれば間違いない

迷ったらv6プラスにすればOK。理由はこれから説明してくよ。

 

enひかり『v6プラス』と『transix』の違い

  v6プラス transix
提供会社 日本ネットワークイネイブラー インターネットマルチフィード
必要な機器 NTTのホームゲートウェイ他 DS-Lite対応ルーター
月額料金 180円(税抜) 180円(税抜)
最大通信速度 1Gbps 1Gbps
固定IPの利用可否 不可

 

まず相違点の1つ【必要な機器】ですが、『v6プラス』はNTTのホームゲートウェイさえあれば利用可能です。

一方『transix』はNTTのホームゲートウェイだけでは利用が出来ないためDS-Lite対応ルーターが必要となります。

ユーザーの契約内容にもよりますが、基本的には『v6プラス』は最低でも設置機器が1台、『transix』は2台必要になります

 

相違点の2つ目は固定IPの利用有無です。

厳密に言うと『transix』を提供しているインターネットマルチフィードは固定IP対応していますが、enひかりでは対応していません。

 

その他接続方式など細かな点を見ると違いはありますが、ユーザーからすると影響を受けるような違いはありません。

速度の変化についても大きな違いはありません。

 

以上の点から総合的に見るとenひかりでは『v6プラス』を契約していれば速度対策は十分できると言えます。

設置する機器が少ない分部屋の中もスッキリしますし、固定IPにも対応できます。

そもそも固定IP使う方ってほとんどいないでしょうが・・・

 

もしあなたがすでにwi-fiルーターを持っており、かつその機器がDS-Lite対応ルーターであれば『transix』でも十分です。

いずれにしろwi-fi利用するために手持ちの機器を設置する必要があるからです。

 

『v6プラス』と『transix』はどうして速度対策になるの?

『v6プラス』と『transix』はどちらも【IPv4 over IPv6】方式を採用しています。

 

IPv4 over IPv6方式とは

IPv4のデータをIPv6に変換して通信を行う技術です。

IPv4をIPv6に見せかけて、IPv6通信網を抜けて通信先のWebサイトやWebサービスの手前でIPv4データに再度変換されます。

この技術はイメージとして、IPv6のカプセルの中にIPV4をパッケージにして仮想トンネルを抜けていくため、「トンネリング」とも呼ばれています。

こうしてIPv6に対応していないIPv4のWebサイトやWebサービスでもIPoE方式で扱うことができるのです。

enひかり『v6プラス』も『transix』もIPv4 over IPv6方式なので、どちらのサービスでも同じように速度低下対策が可能となります。

 

⇩⇩速度対策もバッチリ⇩⇩

-enひかり

© 2020 【enひかり】のせつめいしょ Powered by AFFINGER5