BLOG

ソネット光プラスやauひかりを使うならスマートバリューは必須

auスマートバリューはインターネットとひかり電話、そしてauスマホの3種を契約することでスマホ料金が安くなるサービスです。

ソネット光プラスやauひかりを使うならauスマートバリューは絶対に申込むべきです。

ソネット光プラスはauスマートバリューが無くてもキャンペーンでお得になりますが、auひかりはauスマートバリューが無いとお得感はあまり得られません。

 

auスマートバリューは申込条件が揃うだけでは適用されません。

必要な条件が揃ったうえで申し込みが必要になります。

申し込みは電話窓口またはauショップで申し込みが出来ます。

電話窓口は以下の通りです。

 

お電話でお問い合わせ・お申し込み
KDDIブロードバンドキ​ャンペーンセンター

0120-92-5000
(通話料無料)

受付時間 9:00~21:00 [土日祝日受付]
12月31日は18:00まで、1月1日、2日は除く

 

auスマートバリューは契約者のスマホ料金のみが安くなるわけではありません。

同居している家族、そして50歳以上の家族であれば別居していても割引が適用されます。

 

割引額はプランによって異なりますが、最大で1台につき1000円が永続的に毎月割引されます。

2年間限定であれば最大1410円割引されます。

 

適用される回線は最大10回線までです。

それ以上は割引の対象とはならないので気をつけましょう。

 

気をつけてほしいのがauスマートバリューは適用条件から外れると自動的に解約になります。

例えば固定電話が不要だからといって解約するとauスマートバリューも解約になります。

 

今の時代インターネットの契約をする上で必要な考えとして「スマホとセットで割引が効くか?」というのは重要な点です。

インターネット契約だけではプロバイダに大きな差はなく大して変わりはありません。

しかしスマホセット割が適用されることでスマホの費用を抑えることが出来ます。

 

ソフトバンクがソフトバンク光を、ドコモがドコモ光を運営するようにauユーザーにとってはauスマートバリューは必須のサービスなのです。

ソネット光プラスもauひかりもどちらもauスマートバリューの適用が受けられます。

どちらかはその他のサービス内容で決めると良いでしょう。

ソネット光プラスとauひかりの月額料金(マンションタイプ編)

ソネット光プラスのマンションタイプの料金は4,480円です。

マンションタイプとしては少し高い感じがします。

今回はキャンペーンは考慮しないのでこんなもんですね。

 

auひかりのマンションタイプは戸数によって金額設定が様々です。

auひかり マンションタイプ
4900円(タイプG/16契約以上)
5200円(タイプG/8契約以上)
3800円(タイプV/16契約以上)
4100円(タイプV/8契約以上)
3800円(都市機構 東日本/西日本DX)
2350円(都市機構 東日本 16M(B))
2750円(都市機構 東日本 16M(R))
2750円(都市機構 西日本 16M(B))
3150円(都市機構 西日本 16M(R))
4900円(都市機構G 東日本/西日本DX-G)
2350円(都市機構G 東日本 16M(B))
2750円(都市機構G 西日本 16M(B))
2750円(都市機構G 東日本 16M(R))
3150円(都市機構G 西日本 16M(R))
3400円(タイプE 16契約以上)
3700円(タイプE 8契約以上)
3980円(マンション タイプF 個別)
4050円(マンション ギガ)
5000円(マンション ミニギガ)

上記のように料金体系は複数あり、どのタイプになるかは建物の戸数により変わります。

そのため住んでいる集合住宅によって高くもなりやすくもなるのがauひかりのマンションタイプの月額料金です。

 

auひかりのマンションタイプは基本的に契約期間がありません。

いつ解約しても解約金は発生しません。

基本的にはマンションタイプでは撤去工事もないので撤去費用もありません。

マンションタイプであればauひかりも十分おすすめ出来ますね。

 

ただしお得プランに申込むと2年の契約期間が生じます。

その場合、途中解約すると9500円の解約金が出るので気をつけましょう。

 

ソネット光プラスとauひかりの月額料金(戸建てタイプ編)

ソネット光プラスの月額料金は戸建てタイプとマンションタイプで違います。

戸建てタイプは5,580円、マンションタイプは4,480円です。

これを12ヶ月で計算すると戸建てタイプは66,960円、マンションタイプは53,760円となります。

同じように24ヶ月だと戸建てタイプは133,920円、マンションタイプは107,520円です。

最後に契約満了月を迎える36ヶ月だと戸建てタイプは200,880円、マンションタイプは161,280円となります。

 

auひかりは料金体系が様々です。

まず戸建てタイプは3種のタイプに分かれています。

一つ目はずっとギガ得プランです。

ずっとギガ得プランは1年目が5100円、2年目が5000円、3年目以降は4900円となります。

3年目以降は戸建てタイプでも4900円なのでかなりお得な金額です。

契約期間は36ヶ月となっており、途中解約は15000円の解約金が発生します。

 

2つ目のプランはギガ得プランです。

ギガ得プランは月額5200円のプランです。

契約期間は24ヶ月となります。

途中解約すると9500円の解約金がかかります。

 

最後に標準プランです。

標準プランは月額6300円ですが、契約期間がありません。

そのためいつ解約しても解約金は発生しません。

ただし気をつけなければいけないのは撤去工事費はかかるという点です。

標準プランも戸建てタイプの1つなので解約すると撤去工事費28800円が発生します。

つまり標準プランは契約するメリットが何もありません。

 

auひかりで戸建てタイプを使うなら最低でもギガ得プランにしましょう。

ただいずれにせよ撤去工事費は出るので個人的には戸建てタイプのauひかりはオススメしないです。

やっぱりソネット光プラスの方が良いと思いますね。